MENU

猫トイレの消耗品。コスパの良い組み合わせを考えてみる

  • URLをコピーしました!

ご飯の次にお金がかかるのが、トイレに関する消耗品。
なるべく安く、コスパ良く運用していきたいもの。

この記事では、我が家で運用してみたいくつかのパターンと実際の商品をベースに、コスパの良い方法を探っていきたいと思います。

計算の前提
  • 1ヶ月でのランニングコストで比較
  • 1ヶ月30日で計算する
  • 消耗品のみの計算のため、トイレ本体の費用は計算しない
  • 掃除のしやすさなどの工数は考慮せず、価格だけで単純比較
  • トイレは1日2回想定(朝:おしっこ+うんち、夜:おしっこ)
目次

使用アイテム単価一覧

ワイドシーツ400枚 4980円

  • 1枚あたり275円
  • レギュラーシートの下に重ねて置いておく想定
  • 汚れたら交換していたので、3日に1枚使用として計算

1ヶ月のコスト:130円

レギュラーシーツ800枚 4980円

  • 1枚あたり約6円
  • トイレの度に毎回交換するので、1日2回枚使用
  • ペットシーツで一番安いものを使用(私調べ)

1ヶ月のコスト:360円

木質ペレット20L 1780円

  • 半年で使い切った
  • たくさん入って低価格なので、砂単体でのコスパは最高

1ヶ月のコスト:297円

三ヶ日ガーデン7L 1137円

  • おから系固まる猫砂
  • ちょっと独特の匂いがするけど、あまり気にならなかった
  • おしっこの固まりは弱め(スコップで振るとホロホロとくだける)

1ヶ月のコスト:1137円

アドメイト (ADD. MATE)
¥1,242 (2024/06/14 13:34時点 | Amazon調べ)

ネオ砂 おから 6L 574円

  • おしっこの固まりはしっかりめ
  • 細かくなりにくい

1ヶ月のコスト:574円

ドッグワールド楽天市場店
¥4,595 (2023/12/12 13:32時点 | 楽天市場調べ)

ニャンとも清潔トイレ使用時

専用のペットシーツ以外だと、若干サイズが小さくおしっこが外れると
その対策としてワイドシーツも併用して使用していました。

ワイドシーツ+レギュラーシーツ+木質ペレット

  • ワイドシーツ 130円/月
  • レギュラーシーツ 360円/月
  • 木質ペレット 297円/月

1ヶ月のランニングコスト:765円

デオトイレ使用時

レギュラーシーツしか入らないので、ワイドシーツが不要に。
ニャンともより入れておく猫砂は少なくできるけど、すぐ減るので都度追加してました。

レギュラーシーツ+木質ペレット

  • レギュラーシーツ 360円/月
  • 木質ペレット 297円/月

1ヶ月のランニングコスト:657円

レギュラーシーツ+三ヶ日ガーデン

  • レギュラーシーツ 360円/月
  • 三ヶ日ガーデン 1137円/月

1ヶ月のランニングコスト:1497円

フラットトイレ(獣医師開発猫トイレ)

猫砂の消費量はフラットトイレのサイズによると思いますが、我が家の使用量で計算してます。
ペットシーツの運用がないので、猫砂の単価に影響されますね。

三ヶ日ガーデンのみ

  • 三ヶ日ガーデン 1137円/月

1ヶ月のランニングコスト:1137円

ネオ砂 おから 6Lのみ

  • ネオ砂 おから 574円/月

1ヶ月のランニングコスト:574円

我が家ではしばらくフラットトイレ+猫砂のみで運用予定

単純な価格の比較であれば、フラットトイレ+安い猫砂がコスパ最強です。

管理する消耗品の数も少なくなるので、その点では良さそう。
掃除のしやすさなども踏まえて、いい猫砂を探して行きたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次